サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の3件の投稿

2006.07.27

ゲド戦記その後

ゲド戦記本編全部読み終わりました。
面白かった!

映画ははっきり言っていまいちだったけど、
やっぱ原作はいい。

前読んだときの記憶はほとんどなく、
そのときは3巻までしかでてなかったので、
それ以降はまったく未知のはなしだったので
どきどきしながら読んだ。

どきどき・・・
いや、ちょっと違うな
なんていっていいかわからないけど、
先を読まずにはいられないというか・・・

映画でもそれを言いたかったんだろうけど、
無理無理作ったってかんじで・・・
消化不良だったものがすっきりしたよ、本読んで。

子供ももちろんだけど、大人も読むべきだね、これは。
というか、子供ではなかなか理解できないかも・・・
(という自分もまだまだ読みこなせてないかも)

ちょっと時間を置いて
またじっくり読みたいとおもう。

あ~
それにしても映画は・・・
いや、言うまい。
歌はいいってことで。

2006.07.18

ゲド戦記2巻まで

ゲド戦記。
2巻 こわれた腕環まで読み終わり。

映画で出てきたテナーが主役。
ゲドは真中くらいまで出てきません。
出てきてもそれほどの活躍はない。

というか、このシリーズは
「戦記」
って言葉が入ってるけど、
戦争とかをするわけではなく、
ようするに
「心の戦い」
なんだな。

昔読んだときはだから難しくて分からなかったんだな。
数年前に読み直したはずなんだけど、
ここまできてもさっぱり思い出せず。
まあ、新鮮な気持ちで読めて
面白いからいいんですが^^;

いよいよ映画で描かれた3巻 さいはての島へです。
もともとどういう話だったのか。
わくわくo(^-^)o

2006.07.15

ゲド戦記

先日ゲド戦記の試写会を観てきた。

観て
「あれ?こんな話だっけ?」
というのが感想。

このシリーズはずっと前に読んだんだけど・・・
実はまったく覚えてなくて。
(あのハードカバーの本の外装はしっかり記憶にあるのに)

「影がつきまとう」
というイメージだけがあったんだけど、
それも今回の映画とはなんか違っていて・・・

ということですっきりさせるために
結局本買っちゃいました。
とりあえず1巻 影との戦い2巻 こわれた腕環

今2巻にはいったところですが・・・
やっぱりなんか違う。
私が思っていた「影がつきまとう」というのは
また別の話らしい。

その話の影は竜の形してるって話だったような?
う~ん
なんなんだろう。

それは置いておいて。
ゲド戦記。
正直小説のほうが、やっぱおもしろいかも?
映画化された3巻はまだ未読だけど。
(正確に言うと読んだけど覚えてない)

父が作ってたらどうだったんだろう
と思わずに入られなかったのよね、正直。
私にはちょっと物足りなかったし、
一緒に行った中学生の月は難しかったそうです。

でも周りでは結構泣いてる人とかいたし。
一回くらい観るのはいいかもね。
(でも私はDVD出てもたぶん買わない)

あ、その泣き所でもある
テルーの歌(テレビでよく流れるあれ)の作曲って
谷山浩子さんだった!
なんか納得。
久しぶりに名前を聞いて
ちょっとうれしかった。
ちゃんと作曲家してたんだねえ。
(昔LP持ってました)
なんて思ってたら、ちゃんとしっかり活動されているようで・・・
谷山浩子ベスト 白と黒
なんてのも出てたんですね!
ほしいかも!

なんかゲド戦記の話が、ずれてしまいましたわ
(いつものことだけど)

とりあえず今日はこの辺で。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »