サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ミスドでバーガー | トップページ | ムーミン展 »

2009.05.17

交響曲ヤマト(いうまでもなく長文^^;)

なんか気合いれすぎちゃったのかなあ。
帰りのバスで頭痛くなってきちゃって。
家帰って即効寝てしまった^^;

ってことで、あらためて昨日の感想を。

090516_yamato1

5月16日(土)東京芸術劇場
東京交響楽団 東京芸術劇場シリーズ第100回

指揮:大友直人
ヴォカリーズ:安井陽子
ヴァイオリン:大谷康子
ピアノ:若林顕

・映画「戦場のメリークリスマス」テーマ曲
・大河ドラマ「太平記」から「はかなくも美しく燃え(藤夜叉のテーマ)
・映画「優駿」から「誕生」
・ドラマ「華麗なる一族」から「メインテーマ」

・交響曲「宇宙戦艦ヤマト」

・アンコール「新日本紀行」テーマ曲


1部はテレビ、映画から短めの曲。
予定とは若干順番が変更。

普通1曲目はいきなり始まるものだけど、
今日は大友さんがお話され、
そのあと戦メリ。

すきなんだよね~~これ。

太平記、も華麗なる一族も観てない私ですが。
よかったな~
華麗なる一族と優駿は合唱付き。
(このためにプログラム変更したんでは、と思う。
入るの大変そうだったもん)
しかも100人くらい?
いや~~
人の声ってすごいねえ。
ぞわぞわきましたよ。

ってことろで1部終了。

いよいよヤマトです!

曲の前と3楽章、4楽章の前に大友さんが話されていたことが、
これまた感動。
この曲を羽田さんがどれほどの熱意を持って
この曲を作られたかがほんと伝わりました。
あと宮川さんと羽田さんがすごい仲良かったってのも
聞けてよかったな~~
まあ、だからこそこの曲ができたんだろうけど。


で、曲が始まる…

ここのところ毎日聞いてて、
ほぼ完璧に覚えてしまっているメロディ。
私が聞いてるペースよりちょっと遅め?って感じで始まる。

でも!

やっぱ、生は違う。

なんてったって聞いてるの、ニコ動の動画から音だけとって
ファイル形式変換して…ってのなので、
音質はよくないのです。

いつも聞き取れない音が…
あとこのホールは上のほうが響くのかな?

ほんと、でだしからぞくぞく。
そのあとも力は要りすぎ?
顔が熱くなってきちゃって^^;

第1楽章が終わったとき、すでにぐったり^^;

で、第2楽章。
「闘い」
ここ、かっこいいだよね~~
大友さんが
「羽田さんはブルックナーが好きだった」
とお話されてたけど、
ほんと、そんな感じがここにはありますね。
(って、全然詳しくないんだけど^^;)

ここで目が行ったのがパーカッション。
いや~大変だなあ^^;
でもこれがあって曲がしまるってか?
ちょっとやりたくなってきましたヾ(ーー )ォィ

さて!
第3楽章!
と思ったら。

大友さん、「第4楽章なので、舞台転換を・・・」って^^;
いや、まだ第3楽章ありますから!

でもここでヴォーカリーズの安井さんが舞台にでてらしたので、
紹介をされて、気を取り直して第3楽章!

ヤマトといえばスキャット!川島さん!
ですが、今回は川島さんではなく(初演は川島さんだった)、
さっきも書きましたが安井さんって方。

正直、川島さんのような透明感は感じられなかったですが、
逆に「母」って感じの声。
人の声ってどんな楽器にも勝る楽器だよな~


ほんとはこのまま切れずに終わりまで行ってほしい!
ってところなんですが、そうは行かないのが生舞台。

第4楽章はピアノ&ヴァイオリンのコンチェルトなので、舞台転換。
そのあいだ大友さんがお話されてて。
膨大な曲を書かれた羽田さんですが、
このヤマトが唯一の交響曲。
羽田さんの大いなる遺産だと思ってるというようなことを話され。
ちょっと声をつまらせるところもあり、ジーンときちゃいました。

今までコンマスだった大友さんは真っ赤なドレスに着替えられ
ソリストとして再登場。
ピアノの若林さんも登場し、いよいよ曲再開!

ヴァイオリンの大谷さん。
かっこいいっす!
初演のときの徳永二男さんとはまた違った感じでしたが。
結構攻撃的?
ってか女性のほうがそういう傾向はどの世界にもあるけど^^;

ピアノは。
うーん、ちょっとヴァイオリンに負けちゃってる?
この曲、相当難しそうだもんな~
初演のときは作曲した羽田さん自信が弾いたんだけど、
それでも(?)ミスタッチしてるくらいだからな(多分)
もうちょっと聴かせてほしかったな~
(それでもすごいのはすごいですから!)

で。
ソロが終わってオケが加わり。
ラストへの盛り上がり!!
「大いなる愛」
さらばのラストがよみがえる…
そう、私の人生を変えたあの映画のラストですよ!

そして!
主題歌のメロディ。

さらば、地球よ、旅立つ船は
宇宙戦艦ヤマト
(トの音はないんだけどね^^;)


ああ、終わってしまった。
余韻に浸ってる間もなく(?)
すごい拍手。
1部のときとみんなの拍手の仕方が違うし^^;
そういう自分もだけどさ。

細かいところであちゃ~ってところもあったけどさ。
それでもブラボーでしたよ!!
スタンディングしたい気分だったよ、ほんと。
(3Fだけど、前から2列目でするのもなんだから我慢した^^;)


聞きに行く前は

初演があれだけのものだったからな~(って、生で聴いてないのに)
指揮が大友さんでおなじだから、多分大丈夫だとは思うけど
もしかしたらがっかりなことになるかも。
聴きたいけど、聴きたくないってのもあるな~

なんて思ってましたが、
終わって、ちょっと考えが変わりました。

この曲はさっきも書いたけど、
羽田さんが渾身の力をこめて書いた交響曲です。

だから。

今回だけにおわらず、
何回でも再演してほしいと思います。

たとえ指揮が大友さんでなくても、
どんなに小さなオケででも。

白鳥の湖がバレエを離れて曲だけ演奏されることがあります。

この曲もアニメの曲ということを離れても。

1つの曲として、桶の方が演奏会の曲目を選ぶとき
他の曲と一緒に選択肢の中に入れば良いなと。

それがどんなにがっかりな演奏だったとしても、
指揮者とかによって、いろいろ好き嫌いが出てきたとしても。

それでもどんどん演奏してほしいなと。

コンサート行く前は
自分はこの曲のモチーフの曲を知ってるから好きだけど、
ヤマトをまったく知らない人にとったらどうなんだろう、
と言うのが正直わかりませんでした。

でも一緒に行ったarisaさんが、ヤマトを知らないにもかかわらず
「よかった」
とおっしゃってたので、
「ああ、やっぱりいい曲はいいんだ」
と実感。

ならばやっぱりこの曲をもっとたくさんの人に聴いてほしいなと。

今みたいなCDも無く、演奏会も無い状態じゃ、
せっかくの曲が勿体無さすぎます。

とりあえず?
大友さんには今回だけでなく、
今後もこの曲どんどん演奏してもらいたいです。


めざせ!
白鳥の湖ですよ。
(って、宮川さんの交響組曲ヤマトの宣伝文句が「現代の白鳥の湖」だったっけ?)

あと再CDかもよろです!
(著作権とか難しいのかなあ(>_<"))


カワサキも行きたかった…

あ、そうそう。
ホールに入ったとき、西崎Pから送られたの花を見ていたら。

090516_yamato2

なんとご本人が!

でも車椅子に乗られてて…
体調がいくないのかなあ。
新作もでるってことですが(これについてはノーコメント^^;)
いろいろあるけど、この方がいらっしゃらなかったらヤマトは無かったわけで。
ある意味私の人生を変えた人といえば言える^^;

声をかけたいところでしたが、
そんな感じでもなかったし。
お元気になられるといいのですが。

« ミスドでバーガー | トップページ | ムーミン展 »

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

音楽(クラシックとかアニメとか?)」カテゴリの記事

コメント

何度もコメントすみません。^^;

けるさん、このコンサート行かれたんですね!!
自分も行きました。happy01

このときボロボロ泣きました。(苦笑)
本当生で聴けて嬉しくて。。しかも、初だったんで、感激しすぎました。
指揮者の大友直人氏は、自分の一番尊敬する指揮者であり、一番好きな指揮者という事もあったりと様々な要因が重なって号泣してしまいました。


それにしても、羽田健太郎氏のアドリブ演奏で弾いていたピアノパートをどうやって再現したのかが疑問です。交響曲ヤマト2009の収録の時はスコアを書いたとありましたが、その前ですよね・・・。

ちなみに川崎公演の方は、無事にピアノパート弾けたらしくて、拍手の嵐が起こったみたいで、大友直人氏も振り切ったぞとコメントしたみたいです!

話がちょいと変わりますが・・
>ニコ動の動画から音だけとって ファイル形式変換して
自分もこの方法で聴いています。(汗)
N響演奏のCD本当に欲しいですよね!!sad

> 福科考∞譜観さん

いえいえ、こんなblogをいっぱい読んでいただき恐縮です(;^_^A アセアセ・・・

ほんと、このコンサートよかったですよね!
再演希望!!

>交響曲ヤマト2009の収録の時はスコアを書いたとありましたが、その前ですよね・・・。

そうなんですか?
月刊ピアノには特にスコア書かれたタイミングがかかれてないので、コンサートのときももうあったのかと思ってました。

>ちなみに川崎公演の方は、無事にピアノパート弾けたらしくて、拍手の嵐が起こったみたいで、大友直人氏も振り切ったぞとコメントしたみたいです!

あ~
やっぱり川崎も行きたかった!
子供さえいなければ!!ヾ(--;)ぉぃぉぃ

>自分もこの方法で聴いています。(汗)

あ、やっぱりやりますよね^^;

>N響演奏のCD本当に欲しいですよね!!

はい!
あと私もCD全部持ってないんで、真剣再販希望してます!!!

N響演奏のCDから投稿された動画がありました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3244840

ちなみに、DVDの音源とCDの音源は似てるようで違います。(別録音なのです)
某CD-BOXに収録されている特典のものは、新たに登場した録音のものです。

自分、某CD-BOXも持っていない身なので、本当CD再販してもらいたいと自分も強く希望してます!!(所有はBGMコレクション、エターナルNo0/1、復活篇関係これだけです。。)

> 福科考∞譜観さん

うわ!ニコ動情報ありがとうございます!
今ちょっと聴いてみたけど、たしかに違う!

>!!(所有はBGMコレクション、エターナルNo0/1、復活篇関係これだけです。。)

私はそれに完結編3枚セットが加わるくらい?
LPなら全部あるのに・・・(ーー;)

補足?です。

持ってる人に聞いたところ
2枚のCDは「同じ演奏を録音したから「音源」は同じで、加工が違う」のだそうです・・・

o(´^`)o ウー
聞きくらべたい!

加工ではなくて、音源自体が違います。(解説書参考)
CDの方は、2チャンネル用のステレオマイクで録音。これが一つの音源です。

CD-BOXの音源は、これとは別の複数のマイクでマルチトラック録音。これがもう一つの音源です。
ちなみにDVDでは、CD-BOXでの音源を第三楽章まで使って、第四楽章のみ、CDの音源みたいです。

要するに、CD-BOXの第四楽章は、初登場って事ですね。
どちらも今の状態では手が届かない状態なんで、聴き比べは夢の話ですよね・・・(激苦笑)

> 福科考∞譜観さん

なるほど!
録音の仕方が違うんですね!
勉強になりました。

>どちらも今の状態では手が届かない状態なんで、聴き比べは夢の話ですよね・・・(激苦笑)

ほんと・・・
万単位って・・・(>_<")

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスドでバーガー | トップページ | ムーミン展 »