サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« オークション・・・ | トップページ | もう一冊・・・      【ヤマトネタ】 »

2010.01.31

最近読んだ本【結局最後はヤマトネタ】

久しぶりに書いて見る。

仕事の昼休みに図書館に行ったりするわけだけど、
たいていネットで予約して、それが来たら取りに行って、読んだら返しに行く、というパターンなんですが。

この前本を返したとき、そのときは読みたいな!と思う本がなくて
予約してるものもなく、適当にうろうろしてて見つけたのが
栗本薫の伊集院大介シリーズ。
これはずっと前は追っかけてたんですが、途中でちょっと違う方向にいってしまったので(栗本さんの作品全部ですが・・・)辞めちゃってたんですが、目に付いたので多分読んでないorよんだけど覚えてないのを借りてみた。
・六月の桜
・第六の大罪
・聖者の行進
・青の時代
・陽気な幽霊
・逃げ出した死体
・早春の少年
(-_-;ウーン
残念ながら、おもしろかった!というのがなかったなあ。
あんなに好きだったのになあ、伊集院大介。
やっぱりゾディアックあとはだめかも。
(これも途中までしか読んでない)

あと
北村薫の
・ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件
ってのも借りてみた。
これはおもしろかったな~~
エラリー・クイーンが日本に来たときの話を書いた原稿が見つかったっていう設定で、それを北村薫が訳している、という設定。
クイーンは小学生→中学生で読んで以来、読んでないので、また読んでみようかなあ、という気になってきたよ^^;

そうそう。
あと長女が探してるといっていた小野冬美の悪霊シリーズ。
絶版になってて、もともと300円代の本が0一個増えてる値段で取引がされてるというものらしく。
小野冬美は十二国記はよんだけど、こっちは読んでないし。
とりあえず今出てるコミックは長女にかりてよんだんだけど、
さすがに面白くて。
で、図書館で検索してみたら。
コミックの現在出てるところの話と、その後の話が乗ってるのがあったんですよ!
さすが図書館。
ただ、それだけで、他のはなかったんですが・・・(>_<")
えっと借りて読んだのは
・霊だってヘイキ!〈上・下〉
・悪夢の棲む家 (上・下)
です。
正直霊だってヘイキのイラストは・・・残念(ーー;)

で。先日。
白蘭花さんにおしえていただいたネットの古本屋さんを見てみたら。
岬兄吾さんが書かれたヤマト完結編のノベライズがあって!

ヤマト復活編

(|||_|||)ガビーン

コレ知らない・・・
なんでだ!?

で、調べてみたら、前編が映画公開前、後編があとってことだから、
多分映画見る前に読みたくなかったから、あとでまとめて買おうと思ってたんじゃないかと推測。

ほんと、綺麗に覚えてないってのがショックだわ~
(本に関しては完璧!と思ってたのに・・・ネットがない時代だからってことにしとこ)

ということで。
買っちゃいましたよ!
なんか評判、微妙によかったし、なんと言っても岬兄吾ですからね、
多分だいじょうぶだろう!ってことで。
イラストも金田伊功さんだし!

で、よみましたよ…
前編はなんとヤマトが地球から再発進するところまで!
映画もそんなもんだっけ?

長官が微妙に活躍というか出番が多いのが面白い。
雪が自殺しようとしたところで銃を弾き飛ばすのは真田さんだけど、
そのあと「ばか者!」と平手うちするのは長官でした。
(真田さんは銃飛ばした時点で力尽きたらしい)

そういえば防衛軍本部でみんな不眠不休で仕事してるとき、
雪が「コーヒーでも入れましょう」って^^;
そりゃみんな目がさめるよな!?

あ、小説お決まりの(?)ラブシーン。
ちゃんとあったです。
まあ、キスだけですけど^^;
(まあ病人だし、古代くん)

で、後編。
沖田艦長が生き返った理由がそれなりに納得いくように書かれていた。
さすがSF作家。
ってか「誤診」で片付けた映画はやっぱり納得いかないよな(開き直るな!)

まあ話は多分映画とおりなのかな?
(すんまそん、完結編はあまり詳しく覚えてない・・・)

ちゃんと2人でコスモゼロのって敵艦隊見つけるし、
ルガールII世は死んじゃうし、坊やも同じく・・・

が!
島君・・・
やっぱり死んじゃうんだけどね。
その辺がまったく違う!
ひどすぎる~~(>_<")
吐血いっぱいしたりしてるし・・・
絵で見れなくてよかったって感じだよ…

この小説、シナリオ決定稿を元に構成されたってかいてあるから、
もともとはこうだったん??
それとも映画のあれじゃなんだってんで、岬さんが変えたのかなあ。

ああ、次読むとしてもとばしたいシーンだよ・・・

あ、ちゃんとデスラーは出てきますが、ルガールの船に体当たりして、爆発しちゃって、映画みたいにそのあと出てきません・・・

あとヤマトが自沈したあと、古代と雪の会話があって、そこで終わり。

あのタイトルロールあとの意味不明な浜辺のシーンとか、そのあとのカットされちゃったシーンもありません。
ああ、よかった^^;

でも。
本のはじめに金田さんのカラーイラストが載ってるんですが、そこにはあるんですね~(見開き2枚、4ページ)
これがなかなか^^;
雪のおしりがかわいい!(どんなエロ親父だ^^;)

でもね~~
なぜか2枚目のところで本がぱきっって開くんですよ…

イラスト部分だけ紙がちがうし、そのためだとおもうんだけど、
これ以上開くと製本が~~って感じ・・・
前もってた人、思いっきり開いちゃった??
(なんかガ○ダムの小説であのシーンのところだけ開きやすくなってる本が大量発生って話を思い出してしまった^^;)

なかなか勇気がいるんだけど、完結編。
ちゃんと観てみるか・・・

あ、あとふるいホビージャパンをその本屋さんと、ブックオフで発見。

ホビージャパン ホビージャパン

プラモ作る気はないけど、やっぱ、カッコいいっすね!

« オークション・・・ | トップページ | もう一冊・・・      【ヤマトネタ】 »

アニメ・漫画・小説の話とか」カテゴリの記事

コメント

今日はちょっとネガティブです。
この文庫は「アニメ-ジュ文庫」の第一回配本でしたね。私も買いましたが、岬兄吾は当時アニメ-ジュ本誌に「完結編」を批判的にコメントしていて好きじゃなかったですね。
批判的な対談の中で「設定やストーリーの矛盾点は自分の小説でなるべく解消した」との仰せでしたが、それが「ヤマト」を単に理屈っぽくしたとしか思えませんでしたので読み返した覚えはありません。
どうもあの頃のアニメ-ジュは「ヤマト」にネガティブな評価をして悪ぶる事で「ひと時代の終焉」を気取ったり、富野&サンライズ作品への媚を撒き散らしている感じでとても嫌でした。
因みに当時「完結編」公開後に最もオーソドックスな特集を組んだのは何故かあの「月刊OUT」だったと思います。(他誌は公開後の特集はほとんど無かったと思います・・・たぶん。)
さて、けるさんには不評な映画のラストの「浜辺~」のシークエンスこそ35mm版からすごーく修正されているんですよ!修正前の映像もDVDに入っていますので是非比べてみて下さい!
好き嫌いは兎も角、「こんなに直したんだ」と言う事に納得できると思いますよ!

>ナベさん

アニメージュ、そうでしたか。
そのあたり、あまり自分は記憶がなく。
ちょっとアニメからはなれ始めていた頃だったかなあ・・・

>けるさんには不評な映画のラストの「浜辺~」のシークエンスこそ35mm版からすごーく修正されているんですよ!

( ̄∇ ̄;)
最後はなくなってるけど、浜辺のシーン自体はありましたよねえ。修正前の映像もそこから入ってましたっけ?(ラブシーンだけだと思ってたんですが)
ちゃんとみて比べて見ないとなあ。

途中で切れちゃうとやだからほかの事何もしなくていいときにみないと!
いつ時間取れるかなあ・・・

あ、ここですみませんが、ワンフェスはいけなくなっちゃいました・・・
学童の役員会が入ってしまい・・・残念です。
今度は夏かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オークション・・・ | トップページ | もう一冊・・・      【ヤマトネタ】 »