サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2016年6月 »

2014年2月の1件の投稿

2014.02.17

ちょっと過去の話をはきだしてみる

去年末、次女が子供を産んだ。
なまえは「はると」くん。
めちゃめちゃかわいい。

生む前は大丈夫か?と思っていた次女も、
すごいかわいいのか、いい母親してるみたいで安心している。

はるとくん生まれてから、毎週定休日に会いに行くようになった。

出産の時も店がある日だったんだけど、
「出来たら早く来てほしい」コールが。

元夫と、その再婚相手が生まれそうって連絡したら速攻来ちゃって
「私がついてるから」「がんばってね」とかいろいろ言われたのが
逆にプレッシャーになり、生まれそうだったのが、陣痛止まっちゃったりしちゃったらしく。

でも私が病院ついたら、一気に進んで、数時間で生まれちゃった。

「お母さんが来てくれて安心した」
って・・・

次女。
私が元夫と離婚するって決めたとき、彼女は高校生だった。
中学生のころから、すでに夫婦とは名ばかりだったけど、
実際に離婚するって決まったときくらいから(と言っても、実際に離婚するまで数年かかったけど)、
反抗期ってのもあっただろうけど、
「お前なんか母親じゃない」
「いなくなればいいのに」
などなど、いろいろ言われた。

実際あの頃の私は今考えたら精神的にかなり病んでて、
娘たちに当たったりしていたこともいろいろあったと思う。

離婚したあとも、はじめしばらくは「すっきりした」とおもってたじきもあったけど、
そのあと数年は不安とかからだとおもうけど、やっぱり精神的に不安定な時期があったと思う。

そのころは次女も学校卒業してたけど、家出(?)してしばらく帰ってこなかった時もあったし、
家にいても一言もしゃべらないこともあった。

あと彼氏がちょくちょく変わったりしてて、しかも「こいつだめだろう」みたいな子ばかり(会っても挨拶もしない子が多かったので、詳細はわからんけど)。

そんな感じだったのだけど。


今の旦那さんと出会って、結局出来婚しちゃったわけだけど、
旦那さん、とってもいい子だし、はるとくんも無事生まれて、
ほんとにいいお母さんになってる気がする。


今日家に帰るの送ってくとき、いろいろしゃべったんだけど、
父親(私の元夫ね)、その母親、そして再婚相手のはなしになり
「なんかあったり電話とかでもしゃべったりするとめっちゃ疲れる」
「こっちが気を使ってほんとはいやだけど『いいですよ』って答えたらほんとにその通りしてくる」
とかとか…

ああ、目に浮かぶ…

彼らの良かれと思うことって、たいてい他の人にとっては迷惑だったり、付かれることだったりするんだよね…
結婚してるときは私もそれがわからなくて、「自分がおかしいんだ」という状態になってたんだけど、
今考えたら、絶対あっちがおかしいのだ。
(まあ、私の主観ではあるけど)

娘はまだ身内だからしょうがないけど、旦那さんまで「正直つかれた」というのってどうよ。

父親、祖母だけならまだしも、再婚相手ってまったくの他人に「ばあばって読んで」って言われたりしたそうで・・・

まあ、彼らにとって私の存在はないか、
あとなぜか私は子供のことを放置してる母親だとおもわれてるらしく、
出産のとき行ったり、毎週行ってるってのが「意外」」らしい。
「あの人もかわったのね」らしい。

えっと、全く育児に参加しなかったのはだれなんだ?

おむつもかえたこともなく、泣いてても「うるさい。母親なんだから泣き止ませろ」って言ったのはだれ?

み~~んな忘れちゃってるのね。


ま、これは私の主観だし、
娘にも↑みたいなこと言われたくらいだから、
あっちから見たら違うのかもだけどね。

でも娘も最近「なんかおかしいよね」って・・・

当時、いろいろいわれたけど、
やっぱり私の決断は間違ってなかったんだな、
って思って泣けてきた。

娘よ、ほんとごめんね。
でもこれからも仲良くやっていこうね。


・・・
今はあっちがおかしい、って言えるけど。
結婚して20数年。
ずっと自分がおかしいと言われ続けて、はじめは疑問に思ったりしてたはずだけど、
だんだん怒られるのが怖くなってきたのもあったんだろう、
「私がおかしいんだ。直さなくっちゃ、頑張らないと・・・」
ってなってきてた。

それがあることをきっかけで、「もう無理」って思って、
殺されるかも、って覚悟で離婚届を書いて渡した。

意外にも(?)
「わかった」
って。

でも翌日「仕事の問題もあるからとりあえず待ってくれ」って。

そのあとはじめは半年くらいってことで別居したんだけど
結局正式に離婚するまで2年半かかった。

このころのわたしって、ほんと今考えたら病んでたかも。

でもちょうどヤマト復活編がやる!ってころで、
そのイベントに気兼ねなく参加できるようになったし
(元夫はもともとそっち系の人だったはずなのに、「大人」になったんだから、もうやめろって言うようになった)
それがきっかけでいろんな方と知り合えたり、
ほんと、好きなことができるようになったので、
私生き返った、って感じなんだよね。

で、ある日「ヤマトカフェ」構想が。

なんて、結局何が書きたかったんだ?
って話だけど。

ま、いろいろあったけど、
今が今までで一番楽しい日々をすごしてるってことかな?


以前友達に「けるさんってどんな人?」っての書いてほしい、っていわれたことがあるんだよね。
プラモ始めたきっかけとかも含め?

誰かの役に立つわけでもなんでもないけど、
こうやって吐き出すのもちょっといいかも、なんて。

あれこれ自分のなかで「整理」できるきもするし。

まあ、読みやすい文章とか内容は考えて書いてないから、
読む方としてはどうよ、ってものだけど。

そういえば離婚したときいろいろ手続だの、大変で
「これはなんかにまとめておいた方がいいかも」
なんて思ったのを思い出したわ。

ま、そのうちそのあたりも?

ってことで、意味不な日記終わり~~

最後まで読まれた方、お疲れ様でした!


« 2013年5月 | トップページ | 2016年6月 »